soba-aqua.com

台東区 | 荒川区 | 足立区

蕎麦のお店

東京都西新井『きそば 松月』(しょうげつ)

昭和10年(1935年)創業。大阪タイガース(後の阪神タイガース)が発足した年。 西新井駅のすぐ近くにある人気の町蕎麦のお蕎麦屋さん。
蕎麦のお店

東京都三河島『大黒屋』

三河島駅から尾竹橋通りを南に進み、ちょっと路地に入ったところにあるお蕎麦屋さん。 ランチ時しか営業していない、昼飯限定の町蕎麦です。
蕎麦のお店

東京都梅島『松月』(しょうげつ)

住宅地の中にある老夫婦のお二人で営業しているお蕎麦屋さん。 関三通り商店街からも離れていて、ドラクエの“ちいさなメダル”みたい。
蕎麦のお店

東京都南千住『さかえや』

浅草と南千住の中間にある、いまだに昭和を感じるエリアのお蕎麦屋さん。 『あしたのジョー』の舞台となった“泪橋” (なみだばし)があった場所でもあります。
蕎麦のお店

東京都三ノ輪『十一屋』

大正11年(1922年)創業。ツタンカーメンの墓が発見された年。 創業した年を屋号にするという直球まっすぐのお蕎麦屋さん。
蕎麦のお店

東京都舎人『やぶ常』

東京都足立区のさらに端っこ、埼玉県との県境にあるお蕎麦屋さん。
蕎麦のお店

東京都御徒町『そば処 いち川』

昭和51年(1976年)創業。モントリオール五輪でナディア・コマネチが女子体操で金メダルを獲得した時。 首都高高架下の昭和通り沿いにあるお蕎麦屋さん。
蕎麦のお店

東京都舎人『甚六』

工場や倉庫があるエリアで、働く男たちのためのお蕎麦屋さん。定食も充実している。
蕎麦のお店

東京都谷中『手打ち蕎麦 やなか』

“地名=店名”という、直球なネーミングセンスのお蕎麦屋さん。 広々とした店内では、予約制でそば打ち体験教室をやっています。
蕎麦のお店

東京都浅草橋『浅草橋 百そば』

平成30年(2018年)オープン。平壌オリンピックでフィギュアスケートの羽生結弦が金メダルを連覇した年。 江戸の風情が息づく街で、温故知新をコンセプトにしたお蕎麦屋さん。
蕎麦のお店

東京都三ノ輪『大和屋』

明治通り×昭和通り×日光街道が交差する交通の要所にある町蕎麦のお蕎麦屋さん。 改装されていてキレイな店内です。
蕎麦のお店

東京都三ノ輪『大黒屋 儀右衛門』(だいこくや ぎえもん)

大正8年(1919年)創業。カルピスが販売された年。 カウンターがあって狭い店内なのに、立ち食いじゃない実は老舗というお蕎麦屋さん。
蕎麦のお店

東京都町屋『お㐂奈』(おきな)

昼時に地元のオジサン&オバサンで賑わっている町蕎麦のお蕎麦屋さん。
蕎麦のお店

東京都西新井『手打そば 長兵衛』

新潟県の古民家を移築した、東京都内では珍しい総ケヤキ造りの一軒家のお蕎麦屋さん。ご店主は名店『千住竹やぶ』で修業していて腕は確かです。
蕎麦のお店

東京都西新井『二八そば 砂場 扇』

平成3年(1991年)創業。お笑いのみやぞんが高校時代にバイトしていたお蕎麦屋さん。『ウチくる!?』で紹介されてサインが飾ってあります。
蕎麦のお店

東京都入谷『東嶋屋』(とうしまや)

明治25年(1892年)創業。とにもかくにも、黄色いカレーが名物のお蕎麦屋さん。名物カレーは『行列のできる相談所』でも紹介されています。
蕎麦のお店

東京都三河島『三河島 満留賀』

立派な看板にしっかりとした店構えの、典型的な”町そば”のお蕎麦屋さん。
蕎麦のお店

東京都足立区『梅島 薮重』(やぶじゅう)

東京の老舗そば屋の集まり「木鉢会」に加盟しているお蕎麦屋さん。「アド街ック天国」の梅島編では14位で紹介されました。
日刊『水と蕎麦』をフォローする
タイトルとURLをコピーしました