soba-aqua.com
蕎麦のお店

東京都板橋『滝野川 長寿庵 四谷支店』

昭和42年創業。55年。なぜ、板橋のお店で四谷支店なのか?東京で多数の暖簾分けをしている屋号の「長寿庵」。赤い看板は、四谷・赤坂の系統。青い看板は、銀座・日本橋の系統。
蕎麦のお店

東京都高島平『芝宏庵』(シバヒロアン)

地域密着の大衆店で、ランチセットはボリュームがあります。なのに、、、、ビルのローンが終わって体力も限界なので、数年後には廃業を考えているとのこと。寂しい。
蕎麦のお店

長野県茅野『本手打ちそば 更科』

昭和33年創業。茅野駅から近くて便利。三重そば。とろろ、なめこ、大根おろし。せいろ三段はボリュームがあって、大迫力。
蕎麦のお店

東京都巣鴨『地蔵そば 大橋屋』

大正11年創業で100年。とげぬき地蔵尊のすぐ近く。芸能人のサインが壁一面飾られていて、テレビが巣鴨を取材するときの定番なんだろうなぁ。
蕎麦のお店

東京都淡路町『神田まつや 本店』

明治17年創業の137年。超有名店。池波正太郎のいきつけ。昼時はちょっと並んでます。季節の品で「なめこせいろ」。鶏卵を練り込んだ手打ちそば。
蕎麦のお店

東京都千石『手打ちそば 蕎庭』(きょうば)

2009年開店。マンションの2階にある隠れ家のような雰囲気のお蕎麦屋さん。店主は蕎麦屋で修業などせずに、自力で開業したとのこと。
蕎麦のお店

東京都大鳥居『手打蕎麦処 羽田やぶ久 羽田総本店』

昭和13年創業。羽田系「やぶ久」は29店舗が暖簾分けしていて、ここが総本店。宴会場もある大きなお蕎麦屋さん。手打ち蕎麦は、自家製粉なのか、製粉会社の粉なのか、荒挽きなのか選べます。
蕎麦のお店

東京都大岡山『そば処 志波田 本店』

創業大正14年。駅から600m離れていて、昔は商店街がここまで伸びていたとのこと。今は住宅街になり、在宅勤務の住人のランチ客が多い。
蕎麦のお店

東京都前野町『江戸前手打そば 蕎香』(きょうか)

どの駅からも遠い陸の孤島にあるお蕎麦屋さん。更科系の本格派で、今でも「さらしなの里」に修業に行かれるとのこと。変わりそばは、桜葉切り。淡いグリーンにほのかな香りと味わい。
蕎麦のお店

東京都青梅『元祖手打ちそば 玉川屋』

大正4年創業の107年。新宿から1時間半かかる御岳山の麓。かやぶき屋根の店構えに、まず感動。太宰治や井伏鱒二などの文士が常連だっとという。色紙が飾られている。
蕎麦のお店

長野県富士見町『そば処 おっこと亭』

地名が乙事だから「おっこと亭」。地元のそば粉を使った手打ち。この地域一番の有名店でお客さんが多く、席に着くまで少し待ちました。そば打ち体験やイベントも良くやってます。プチ観光地。
蕎麦のお店

長野県諏訪『秋月そば 本店』

上諏訪駅西口にあるお蕎麦屋さん。芸能人のサインが滅茶苦茶に飾ってある。営業時間が長く中休みが無いため、休憩に使われやすいとのこと。もつ煮は大きな器に大ぶりのモツ。
蕎麦のお店

東京都王子『そば処 松屋』

(閉店)東京都王子『そば処 松屋』での実食レポートです | 2023/1追記:フルリフォームされていて、店舗ではなくなっているようでした。
蕎麦のお店

東京都大森『蕎麦や もりいろ』

5年連続でミシュランのビブグルマンに選出。店主は小松庵で修業されて、フレンチを経由して開業されたとのこと。美味しいだけじゃなく、景色も良い。
蕎麦のお店

東京都日本橋『日本ばし やぶ久』(やぶきゅう)

明治35年創業。初代が久次郎さんだから「やぶ久」今日の東京は寒いからカレーの名店。
蕎麦のお店

長野県松本『和食そば処 たかぎ』

明治11年創業で144年。1階が土産物店で2階が信州そば屋さんという、観光地「松本」に相応しい二毛作。玄挽きの田舎そばは、色が黒くコシも強くて分かりやすい。
蕎麦のお店

長野県原村『信州手打ちそばと和食処 山乃幸』

原村は山梨県と長野県の県境で、八ヶ岳山麓にあります。民宿に併設しているお蕎麦屋さんで、辺りは何もない畑だけです。このお店の良いところは、富士山が見えるところ!!
蕎麦のお店

長野県諏訪『本格石挽手打そば 登美』

創業50年。客席から180度諏訪湖が一望できるパノラマお蕎麦屋さん。穂高の本生わさび1本付せいろそば。美味しいおそばですが、ワサビを使い切れない問題発生。お店のすぐ下の立石公園は、映画『君の名は。』の撮影モデルとなった聖地です。
タイトルとURLをコピーしました